日本語 | English
XBee

XBeeは無線通信ができるデバイスで、私はArduinoと組み合わせることが多いです。

周波数が2.4GHz帯を使っているので人がたくさんいるような大きな会場でのライブや展示会などでは混線する可能性が高くて大きい会場では事前にテストしておくようにしていますが、現在のところ東京体育館でのライブでは問題なく動いていました。

XBee自体には1対1で通信し、有線との違いをあまり意識せずにシリアル機器として使うことができるATモードと、1対他で通信するためのAPIモードがあります。
APIモードの方は若干実装が複雑になります。

通信のタイミングがシビアでなければ全く問題になりませんが、60Hzでのタイミング調整が必要な場合は機器が増えるほどデータを取りこぼしたりタイミングが遅れることがあるので工夫が必要です。

XBee
秋月電子
千石電商
スイッチサイエンス

関連ブログ記事:

関連事例:

このエントリーをはてなブックマークに追加

<戻る